正義の味方”アフィリエイトマン!”

---------------------------------------------------------------日々の生活模様・・・などなど ---------------------------------------------------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天下り390人。大阪市

おそらく、どこの行政でも似たような事をやっている。

天下り390人、全員退職 23年度末までに 大阪市 2年前倒し決める

2011.2.3 21:27

 大阪市の平松邦夫市長は3日、市の外郭団体に再就職している65歳以上の市職員OBについて、平成23年度末までに全員退職させる方針を明らかにした。

15団体で計390人(昨年7月現在)に上っており、民間からの公募などに切り替える。市は当初、25年度までに退職させる方針だったが、「天下りというそしりは免れない」との認識を示していた平松市長が2年間の前倒しを決めた。

 市によると、65歳以上の市OBは、交通局所管の団体に特に集中しており、「交通サービス」に252人、
「大阪運輸振興」に63人がそれぞれ在籍。うち21人が70代で、最高齢は72歳。

1年間の有期雇用契約を更新し続けているケースが多いという。

 また平松市長はこの日、不祥事が相次ぐ環境局の改革方針も公表。職員が川の浮遊ごみから現金を抜き取っていた河川事務所は今年10月に廃止し、河川清掃業務を民間委託する。

 さらに粗大ごみ収集の民間委託や普通ごみ収集の効率化、

一部の斎場(火葬場)の民間委託を進め、27年度までに環境局の技能職員285人を削減する。
将来的には今後10~15年間で現在約2800人の技能職員を半減させるという。

"市の外郭団体"
ってなに?ってことになると思う。

こういう 記事っておかしいと、思いませんか?





スポンサーサイト
  1. 2011/02/07(月) 22:01:57|
  2. マイクロアド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アル中で、うつ病の人間  2/14 | ホーム | 春を待つ少女 1/31>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kitibe13.blog19.fc2.com/tb.php/378-50b42ff1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。